超刺激的脳汁全開電脳空間  あれから

アクセスカウンタ

zoom RSS 命の値段

<<   作成日時 : 2010/04/11 11:18   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の救急搬送の時、おぼろげな意識の中で、

救急隊員の人が、受け入れ病院を探してくれてる声が聞こえてました。

まず、yasuminが通院している病院に連絡してくれてる様子。

「あっ主治医が不在なんで、ダメですか・・・了解」

えっ通院してるんやから、カルテはあるはず。

主治医が不在で受け入れ拒否意味がようわかれへん。


「うつ病のパニック発作ですが・・・

通院してる、病院があると受け入れれない・・・了解」

うつ病の発作は、対応できない・・・了解」

頓服服用後は・・・了解」

一体どんな状態やったら、受け入れてもらえるのか

救急隊員の人は、次から次に受け入れ先を探してくれてる様子やけど、

なかなか、受け入れてくれる病院が無い

それが、yasuminの不安を上昇させ、完全に意識を失った。

自傷の時は、死にたいから延命対応をしてもらわんでもいいけど

今回は発作で、自ら助けを呼んでるにも関わらず、

病院は、受け入れてくれへん。

日本は精神病を何処まで認知してるんのか?

先日、ある新聞で日本の人口の100人に4人は、何らかの状態で精神を患っていると書いてあった。

それは、癌、脳梗塞と同じ価だそうだ。

癌、脳梗塞患者は、あらゆる手段を使って病院が、延命治療に取り組んでくれるのに

精神病患者に対しての非協力さには、腹立たしさを感じる。

これじゃ、治る病気も治れへん。

貴方も、理不尽な対応をされた事がありませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
命の値段 超刺激的脳汁全開電脳空間  あれから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる